カクテル・スナック 笑の館
マスターの日記
2020年  2019年  2018年  2017年  2016年  2015年  2014年  2013年 
2012年  2011年以前

2020_03_06_1


2020年3月6日(金)

朝起きて 恐る恐る カーテンを開けると そこは、窓際迄迫る雪と

2020_03_06_2



埋まった物置が! 雪に

2020_03_06_3



雪の捨てる場所も 2米の高さまでになってます。
それでは 雪かき頑張ります。


2020_03_05_1


2020年3月5日(木)

今日は、道東地方は 記録的な大雪で 店は臨時休業しました。昼に自宅前を3回の雪かきをしましたが 夜半には もう 1米以上の吹きだまりができています。

2020_03_05_2



明日の雪かきは ゾッとします。コロナウイルスで 繁華街は大ダメージの中 記録的な大雪です 。オーマィ ゴッド!


2020_03_04_1


2020年3月4日(水)

コロナウイルスで 外出控え要請で 歓楽街は閑散としています。泉屋のスパカツ食べて コロナウイルスを蹴散らそう!


2020_03_03_1


2020年3月3日(火)

今日は 雛祭り! 柳月の桜餅です。


2020_02_27_1


2020年2月27日(木)

厚岸ウイスキーサルルンカムイ入荷しました。
「厚岸ウイスキーサロルンカムイ※」は、〈厚岸蒸溜所〉初のシングルモルトウイスキー(熟成期間3年以上)となります。 配合された原酒はすべて2016年製のもので、熟成樽はバーボン樽、シェリー樽、赤ワイン樽そして、ミズナラ樽となります。 2016年11月から始まった厚岸におけるウイスキー造り。 厚岸の環境が私たちのウイスキーにとって適した地であること。
そして、2016年の初仕込・初蒸溜された原酒が、ウイスキーとして成長したことを感じていただけるように仕上げました。 黒糖・マーマレード・醤油、イチゴ・バタートーストのような香りに、オレンジ・レモン・シュガーシロップの酸味と?味、ホワイトペッパーを感じさせるスパイシーさ、シトラスピールのようなビターで微かなニッキ調の甘みが続きます。


2020_02_26_1


2020年2月26日(水)

コロナウイルス 今後1〜2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際だと言われています。

2020_02_26_2



早く終結してほしいものです。

2020_02_26_3



歓楽街は この通り人気がありません。


2020_02_18_1


2020年2月18日(火)

今日は 恥ずかしながら71歳の誕生日 皆様に ハッピープレゼント 並びにハッピーメッセージを頂き 有り難うございました。
(着ているジャケットは娘からのプレゼント)これからも 無理せずに 頑張って参りますので 宜しくお願いします。


2020_02_09_1


2020年2月9日(日)

世界三大夕景 やっぱり釧路の夕景は素晴らしいですね。(国際交流センター前より)


2020_01_26_2


2020年1月26日(日)

今日は 網走の新年会に出席しました。恒例のビンゴゲーム またまた、残念賞でした。

2020_01_26_3



尚、昼に行われた オリジナルカクテルコンペティションで 釧路の和田加奈恵さんが 優勝しました。 おめでとうございます


2020_01_26_1


2020年1月26日(日)

久しぶりの釧網線 標茶から満員状態でしたが 川湯温泉で半数近く降りました。 中国 台湾 韓国 系の 方々が 多いですね。釧網線頑張ってますね。


2020_01_23_1


2020年1月23日(木)

北の勝 絞りたて 入荷しました。
今年の 味覚はどうでしょう。


2020_01_21_1


2020年1月21日(火)

ここの チャーハンセット 美味しいね 私には 好みです 「めん処 剛味家」

2020_01_21_2




2020_01_20_2


2020年1月20日(月)

伊東良孝代議士新年交礼会に出席しました。5選に向けての篤い挨拶でした 頑張って下さい。


2020_01_19_1


2020年1月19日(日)

今日は、北見の新年会に出席しました。 ビンゴゲームは残念ながら当たらず でしたが

2020_01_19_2



閉会の後は 夜の街へくりだし 「ヒルズバー」「 bar MASAKI 」「west bar」「bar ラパン」 を 巡り 楽しい時間を過ごさして頂きました。北見の皆さんお疲れ様でした。
写真のお店は 「west bar」

2020_01_20_1


2020年1月20日(月)雪

遂に来ました 雪景色 北見の帰りの車中 から 釧北峠 雪模様です。
運転手は 大変です。お疲れ様でした。


2020_01_14_1


2020年1月14日(火)

十勝平原SA から 日高山脈を望む 山脈には 雪がうっすらと見えますが 今年は 降雪が少なく この時期に札幌にも 雪が全くなく やはり異常気象でしょうか。


2020_01_13_1


2020年1月13日(月)

我々本部の 事務局の亀田女史が 退職となり 全国大会の事務一切の切り盛りなど 一大イベントを成功に導いていただきました。ありがとうございました。これからも お体を大切にお過ごし下さい。また、変わらずのお付き合いをお願いします。

2020_01_13_2



2020_01_13_4 2020_01_13_3



当日の ビンゴゲーム 「キリンビール 富士山麓」 「旭川地酒 国士無双」をゲットしました。


2020_01_10_1



「ディスティレリ・ド・パリ ジン バッチ1」
香水にインスパイアされたオートクチュールジンの基本は「美しいフレーム」〉 ジュレス氏は、若い頃に研究した香水とスピリッツの間には、「香りをつくる」という共通項があることに気付く。 「ワインは自然と時間の産物だが、スピリッツは自分でデザインできる。 ではどうやって個性を出すか?」考える中、「ZEN(禅)と同じように、いらないものをそぎ落とし、美を追求する」 と決めた。 ボタニカルの数に頼ることなく、マセラシオンもしない。 香水のように「美しいフレーム」を創造し、香水のようにベースのニュートラルアルコールにボタニカルを溶かし込む。


2020_01_09_1



1918年も暮れる頃 この年のシェリーを仕込んだ ワイナリー現役最古のソレラシステムが設置されました。 漆黒の文字が刻まれた控えめな白いラベルをまとい 幾年もの収穫と情熱的な献身に支えられ 激動の時代となった20世紀の歴史をじっと生き抜くこと百年 遂にこのシェリーは誕生から一世紀を迎えます。 こうした背景からもともと白黒ラベルと昔ながらのヘレス瓶ただ一つの付加価値は その中身というオリジナルの簡素な佇まいを復刻版として甦らしたいと思いました。 この簡素さこそが今日に続くヒメネス・スピノラの名を有する 私たちのワインの品質を形作って来たのです。


2020_01_07_1


2020年1月7日(火)はれ

今日は 七草粥の日だけれど「とん喜」で天婦羅定食


2020_01_01_1



正月元旦

2020_01_01_2



カクテル メニュー カクテル・スナック 笑の館 マスターのコメント リンク集 お問合せ